わずか「1ヶ月」でダーツがプロ級になれる!! 日本ダーツ連盟理事が教えるダーツ上達法

トップページ >030 ダーツのスタンスや投げ方> ダーツ練習法はこれが最適

ダーツ練習法はこれが最適

ダーツの練習法には、他の競技などと共通した練習法が
使われることがあります。

ダーツの練習法を自分で考えて、行うことでより上達できる
場合もありますので、他の競技の練習法を参考にしてみては
いかがでしょうか。

さて、ダーツの練習法についてまとめてみます。

その前に、覚えておきたいのですが、ダーツの公式大会では
ブリッスルボードが使われます。
ですので、、もし、あなたが真剣にダーツがうまくなりたいと
思うのでしたら、ブリッスルボードで練習するのがいいですね。


そして、ダーツの練習をする時には、自分で投げるフォームを
チェックするとよいでしょう。
一投一投に対して、ちゃんと集中しながら投げるのが
よいです。

その際に、上達できる練習法としては、公式戦をイメージしながら
最後の投げる場面を自分で想像してもし、この一投を外せば
自分が負けると想像しながら投げる。
とか、自分で決めたポイントを決めておき、その部分に
投げられなかったら、軽いペナルティを自分に課すなどのような
工夫をするとより密度の濃い練習ができるかと
思います。


さて、ダーツの練習法でとても重要なのは、とにかく毎日、
少しの時間でもいいから、自分で決めた時間は練習することです。
そうなると、自宅にダーツボードが必要となりますが
できれば、得点を自動で数えてくれる「エレクトリックボード」ではなく
自分で数えるタイプの従来型のダーツボードのブリッスルボード
がいいですね。

どうしてかといいますと、練習をしていても音がうるさくないのと
耐久性に優れていて、なおかつ価格も安いからです。
そして、鏡があれば、自分のフォームがチェックできますので
あればさらにいいですね。
自分が投げたダーツの軌道を確認して、おかしくないかも
チェックできます。


他には、ダーツの練習法として、ダーツを使わない練習法が
あります。

これは、野球などのスポーツとも共通していて
素振りとかイメージングがあります。
このイメージングは、場所を選ばないで
気軽にできる練習法ですのでダーツの上達のために
行いたい練習法です。


最後に、ダーツの投げ方には、これといった正解はないため
ダーツの上手い人の投げ方を参考にしたり、DVDなどで
チェックするのが近道でしょう。

自分の投げやすいフォームが決まったら、あまり他の方の
フォームを参考にしないで、そのフォームをひたすら
反復するのがいいでしょう。

上手に投げられた時のイメージを思い浮かべながら、何度も
練習をすればより上達するでしょう。

☆  秋田県のダーツバー・ダーツ場の紹介

ショットバー・ダークホース (DarkHorse)
TEL : 018-866-5544
住所 : 〒 010-0951 
秋田県秋田市山王1丁目11-19

RAVE‐UP
TEL : 018-836-2219
住所 : 〒 010-0011 
秋田県秋田市南通亀の町1-15

1Bit
TEL : 0187-62-8818
住所 : 〒 014-0024 
秋田県大仙市大曲中通町8-13

わずか「1ヶ月」でダーツがプロ級になれる!! 日本ダーツ連盟理事が教えるダーツ上達法

Posted by gswin : 16:41 | Page Top ▲