わずか「1ヶ月」でダーツがプロ級になれる!! 日本ダーツ連盟理事が教えるダーツ上達法

トップページ >030 ダーツのスタンスや投げ方> ダーツのスタンスの種類

ダーツのスタンスの種類

ここ数年、ドラマなどの影響でダーツがブームと
なっています。

ダーツのスタンス(立ち方)には

・正面型(オープンスタンス)
・中間型(スタンダードスタンス)
・側面型(クローズドスタンス)

の三種類があり、スローイングラインを踏み越え
さえしなければ、特にコレとは決まっていません。

ダーツプレイヤーで最も好まれているスタンス
は中間型です。


中間型の立ち方は、スローイングラインに対し
両足を結んだラインが斜めになるよう立ちます。

両足の位置や、重心を自分の好きなように調整
できるというメリットがありますが、角度が
一定にならず変わりやすいというデメリットも
あります。

正面型の立ち方は、スローイングラインとダーツ
ボードに対し左右の脚を結んだラインが平行に、
つまりからだが真正面を向く立ち方になります。

特に角度を気にする必要もなく同じフォームを
とりやすいため、狙いやすいというメリットが
ありますが、両足に力を込めないとバランスを
崩しにくく、投げにくくなってしまうという
デメリットもあります。


最後に、側面型の立ち方ですが、側面型は体を
横に向けるため、他の二つのスタンスに比べ、
スローする手をダーツボードに最も近づけて
投げることができるというメリットがあります。

しかし、首がきちんと正面を向かないと目の
位置がずれ狙いが定まらない場合もありますし
前足に重心をかけすぎると不安定な姿勢になる
というデメリットもあります。

どのスタンスが良い、とは一概に言えませんが
どのスタンスをとるにしても正しい姿勢を
とることが大切です。

体がぐらつかないようしっかりと支え、背筋は
ピンと伸ばし、体が前に傾きすぎないように
気をつけながらたちましょう。

どのスタンスがいいのかわからない、という
場合は、自分にあったスタンスを探すため
色々と試してみて、一番投げやすいスタンスで
練習してみましょう。

また、毎回同じスタンスで投げるのではなく
ポイントの位置によってスタンスを変えるのも
有効的です。

ぐらついて、うまくバランスが取れない場合は
足がふらつかない様鍛えるのも一つの方法です。

意外かもしれませんが、ダーツプレイヤーには
毎日筋トレを欠かさないという人も多いよう
ですよ。

☆ 京都府のダーツバー・ダーツ場の紹介

Esordio
TEL : 0774-63-0075
住所 : 〒 610-0313 
京都府京田辺市三山木野神74-117

Glitter
TEL : 0773-64-1823
住所 : 〒 625-0036 
京都府舞鶴市字浜155-1F5-3

GLEN・PARK
TEL : 075-712-6711
住所 : 〒 606-0863 
京都府京都市左京区下鴨東本町26-3

ShotBar・Benasuka
TEL : 075-212-6524
住所 : 〒 604-8021 
京都府京都市中京区西木屋町通六角下る北車屋町272-1-603

SoulsKyoto
TEL : 075-222-0023
住所 : 〒 604-8022 
京都府京都市中京区南車屋町280

わずか「1ヶ月」でダーツがプロ級になれる!! 日本ダーツ連盟理事が教えるダーツ上達法

Posted by gswin : 21:50 | Page Top ▲