ダーツ練習法はこれが最適

ダーツの練習法には、他の競技などと共通した練習法が
使われることがあります。

ダーツの練習法を自分で考えて、行うことでより上達できる
場合もありますので、他の競技の練習法を参考にしてみては
いかがでしょうか。

さて、ダーツの練習法についてまとめてみます。

その前に、覚えておきたいのですが、ダーツの公式大会では
ブリッスルボードが使われます。
ですので、、もし、あなたが真剣にダーツがうまくなりたいと
思うのでしたら、ブリッスルボードで練習するのがいいですね。


そして、ダーツの練習をする時には、自分で投げるフォームを
チェックするとよいでしょう。
一投一投に対して、ちゃんと集中しながら投げるのが
よいです。

その際に、上達できる練習法としては、公式戦をイメージしながら
最後の投げる場面を自分で想像してもし、この一投を外せば
自分が負けると想像しながら投げる。
とか、自分で決めたポイントを決めておき、その部分に
投げられなかったら、軽いペナルティを自分に課すなどのような
工夫をするとより密度の濃い練習ができるかと
思います。


さて、ダーツの練習法でとても重要なのは、とにかく毎日、
少しの時間でもいいから、自分で決めた時間は練習することです。
そうなると、自宅にダーツボードが必要となりますが
できれば、得点を自動で数えてくれる「エレクトリックボード」ではなく
自分で数えるタイプの従来型のダーツボードのブリッスルボード
がいいですね。

どうしてかといいますと、練習をしていても音がうるさくないのと
耐久性に優れていて、なおかつ価格も安いからです。
そして、鏡があれば、自分のフォームがチェックできますので
あればさらにいいですね。
自分が投げたダーツの軌道を確認して、おかしくないかも
チェックできます。


他には、ダーツの練習法として、ダーツを使わない練習法が
あります。

これは、野球などのスポーツとも共通していて
素振りとかイメージングがあります。
このイメージングは、場所を選ばないで
気軽にできる練習法ですのでダーツの上達のために
行いたい練習法です。


最後に、ダーツの投げ方には、これといった正解はないため
ダーツの上手い人の投げ方を参考にしたり、DVDなどで
チェックするのが近道でしょう。

自分の投げやすいフォームが決まったら、あまり他の方の
フォームを参考にしないで、そのフォームをひたすら
反復するのがいいでしょう。

上手に投げられた時のイメージを思い浮かべながら、何度も
練習をすればより上達するでしょう。

☆  秋田県のダーツバー・ダーツ場の紹介

ショットバー・ダークホース (DarkHorse)
TEL : 018-866-5544
住所 : 〒 010-0951 
秋田県秋田市山王1丁目11-19

RAVE‐UP
TEL : 018-836-2219
住所 : 〒 010-0011 
秋田県秋田市南通亀の町1-15

1Bit
TEL : 0187-62-8818
住所 : 〒 014-0024 
秋田県大仙市大曲中通町8-13

Posted by gswin : 16:41 | Page Top ▲

ダーツのスタンスの種類

ここ数年、ドラマなどの影響でダーツがブームと
なっています。

ダーツのスタンス(立ち方)には

・正面型(オープンスタンス)
・中間型(スタンダードスタンス)
・側面型(クローズドスタンス)

の三種類があり、スローイングラインを踏み越え
さえしなければ、特にコレとは決まっていません。

ダーツプレイヤーで最も好まれているスタンス
は中間型です。


中間型の立ち方は、スローイングラインに対し
両足を結んだラインが斜めになるよう立ちます。

両足の位置や、重心を自分の好きなように調整
できるというメリットがありますが、角度が
一定にならず変わりやすいというデメリットも
あります。

正面型の立ち方は、スローイングラインとダーツ
ボードに対し左右の脚を結んだラインが平行に、
つまりからだが真正面を向く立ち方になります。

特に角度を気にする必要もなく同じフォームを
とりやすいため、狙いやすいというメリットが
ありますが、両足に力を込めないとバランスを
崩しにくく、投げにくくなってしまうという
デメリットもあります。


最後に、側面型の立ち方ですが、側面型は体を
横に向けるため、他の二つのスタンスに比べ、
スローする手をダーツボードに最も近づけて
投げることができるというメリットがあります。

しかし、首がきちんと正面を向かないと目の
位置がずれ狙いが定まらない場合もありますし
前足に重心をかけすぎると不安定な姿勢になる
というデメリットもあります。

どのスタンスが良い、とは一概に言えませんが
どのスタンスをとるにしても正しい姿勢を
とることが大切です。

体がぐらつかないようしっかりと支え、背筋は
ピンと伸ばし、体が前に傾きすぎないように
気をつけながらたちましょう。

どのスタンスがいいのかわからない、という
場合は、自分にあったスタンスを探すため
色々と試してみて、一番投げやすいスタンスで
練習してみましょう。

また、毎回同じスタンスで投げるのではなく
ポイントの位置によってスタンスを変えるのも
有効的です。

ぐらついて、うまくバランスが取れない場合は
足がふらつかない様鍛えるのも一つの方法です。

意外かもしれませんが、ダーツプレイヤーには
毎日筋トレを欠かさないという人も多いよう
ですよ。

☆ 京都府のダーツバー・ダーツ場の紹介

Esordio
TEL : 0774-63-0075
住所 : 〒 610-0313 
京都府京田辺市三山木野神74-117

Glitter
TEL : 0773-64-1823
住所 : 〒 625-0036 
京都府舞鶴市字浜155-1F5-3

GLEN・PARK
TEL : 075-712-6711
住所 : 〒 606-0863 
京都府京都市左京区下鴨東本町26-3

ShotBar・Benasuka
TEL : 075-212-6524
住所 : 〒 604-8021 
京都府京都市中京区西木屋町通六角下る北車屋町272-1-603

SoulsKyoto
TEL : 075-222-0023
住所 : 〒 604-8022 
京都府京都市中京区南車屋町280

Posted by gswin : 21:50 | Page Top ▲

ダーツのグリップの正しい握り方とは

ここ数年、ドラマなどの影響でダーツがブームと
なっています。

ダーツの握り方(グリップ)というのは特に
決まりはなくどのように握って投げても反則
にはなりません。

プロとして活躍しているダーツプレイヤーの
プレイを見てみると、変わったグリップで投げる
人も少なくありません。

要は、自分が一番投げやすい、バランスを崩し
にくい握り方がその人にあったグリップという
ことになるでしょう。

いろいろなグリップを試して、一番指に力が
入らず楽に持てる握り方を見つけてください。


ダーツのグリップの基本的な握り方というと

・ツーフィンガー
・スリーフィンガー
・フォーフィンガー

があります。

その名の通り、二本指(親指+人差し指)でグリップ
すればツーフィンガー、三本指でグリップすれば
スリーフィンガー、四本指でグリップすればフォー
フィンガーとなります。

リリースの際は、全ての指を一気に離すのが基本
ですので、ダーツを支える指が少なければ少ないほど、
リリースが安定します。

しかし、ダーツの的に狙いを定めにくくなるという
デメリットもあります。

指が多い場合はこの逆で、狙いは定めやすくなり
ますがリリースでミスしがちになってしまいます。


スリーフィンガーのグリップの仕方は、まず
水平になるよう人差し指にダーツをのせ、そこ
を上から親指で挟み込み、中指は軽く添えます。

フォーフィンガーのグリップの握り方は、
人差し指と中指にダーツを乗せ水平になる
ポイントを探し、そこを上から親指で押さえ
中指と薬指を軽く添えて支えます。

ダーツのグリップの握り方のコツは、親指と
人差し指の腹でダーツを支え、他の指を
使う場合は軽く添えるだけすると良いでしょう。

以上がダーツのグリップの基本ですが、これらを
踏まえたうえで自分の一番投げやすいグリップの
握り方を探してみましょう。

☆ 愛知県のダーツバー・ダーツ場の紹介

C‐DARTS
TEL : 052-721-0300
住所 : 〒 461-0040 
愛知県名古屋市東区矢田1丁目5-26-202

シーマ・ヘブン
TEL : 052-241-8687
住所 : 〒 460-0007 
愛知県名古屋市中区新栄2丁目13-2

スパーク
TEL : 0561-73-7076
住所 : 〒 470-0117 
愛知県日進市藤塚6丁目370-104

ソードテール名古屋店
TEL : 052-961-6191
住所 : 〒 460-0003 
愛知県名古屋市中区錦3丁目15-4

ONEPIECE黒川店
TEL : 052-912-6422
住所 : 〒 462-0841 
愛知県名古屋市北区黒川本通4丁目29-1



Posted by gswin : 22:23 | Page Top ▲

ダーツの正しい投げ方

ここ数年、ドラマなどの影響でダーツがブームと
なっています。

まず、ダーツを投げる姿勢ですが、安定感を出す
ために背筋を伸ばし体の力を抜いた体勢を最後
まで崩さないようにしましょう。

ダーツの投げ方ですが、
・狙いを定める
・テイクバック
・ダーツを前に押し出す
・リリース
・フォロースルー
このようにいくつかの段階に分けることが出来ます。


・狙いを定める
 ダーツボードの狙うポイントと、手に持って
 ダーツ、右手投げなら右目、左手投げなら
 左目を一直線上に置きます。

 ゆっくりと正確に1ドット単位で狙いを定め
 これから起こすアクション中に見失わない
 ようにします。

・テイクバック
 ダーツをひきつける動作。
 肘を固定しダーツが顔に当たらないよう気を
 つけながら、まっすぐ深くダーツを引き付け
 ます。

・ダーツを前に押し出す
 力まず滑らかに自然に、を心がけまっすぐ前に
 ダーツを押し出します。
 早すぎたり強くなりすぎないよう気をつけます。

・リリース
 ダーツを離す動作。
 肘は固定したままで、ダーツを離す瞬間は
 全ての指を離すように心がけます。

・フォロースルー
 ダーツを投げたあとの手の動き。
 ダーツを投げたあと、腕がまっすぐに伸び
 指先は狙ったポイントを指差しているのが
 理想的です。


この通りに投げてもダーツに刺さらない場合は
投げ方に問題があるかもしれません。

もちろん、この通りに投げるより自分にあった
投げ方を追求していったほうが思い通りの
ポイントにダーツが刺さるようになる場合も
あるので、あくまで上記の投げ方は基本と
とらえておくと良いでしょう。

☆ 大阪府のダーツバー・ダーツ場の紹介

愛の巣
TEL : 06-6212-0855
住所 : 〒 542-0085 
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目2-3

EndDiningDartsBar
TEL : 072-240-2588
住所 : 〒 591-8002 
大阪府堺市北区北花田町1丁52-1

鏑心斎橋
TEL : 06-6212-9122
住所 : 〒 542-0085 
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目1-32

キッチンバー・チュース
TEL : 06-4399-1919
住所 : 〒 545-0011 
大阪府大阪市阿倍野区昭和町5丁目5-29

グラマシー
TEL : 06-4796-4444
住所 : 〒 530-0002 
大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目2-34-401



Posted by gswin : 22:06 | Page Top ▲